「いかようにも」スイッチはONにしておく

f:id:nakatakaori:20180114013800j:image

 

「これだ!」と思ってやって来た事は、

時を経て振り返った時に、

「何故あんな事に夢中になっていたのだろう」

と思う事も沢山ある。

 

 

その一瞬一瞬に全力を尽くし、

その流れに委ね自然と変化を重ねて、

様々な視野で物事を捉えるようになれば、

あの時の自分が描いていた未来を生きていない、

なんて事は当然に起こる。

 

 

どの瞬間も最善を尽くし、

その時の最高の選択を「自分」でして来て、

そして今の自分が在る訳で。

 

そんな筈はないのに…。

な筈もないんだ。実は。

成るべくして成った今なんだ。

 

 

そんな筈はないと、

今に抗って何かにしがみ付くも良し。

あの時に描いた未来の自分へと、

大きく舵を切り替えして再出航するも良し。

 

もしかしたら、
舵を切り替えた事で今度こそ辿り着くかもしれない。
過去の自分が描いていた未来へ。
相当な険しい航路だろうけれど素晴らしい事だ。

 

 

だけど、

 

 

今に辿り着くまでに、

そこへ繋がっている「道」を照らす灯の存在に気付いていた筈なんだ。

自分が行くべきはあっちではないんだなと、

チラリとでも視界には入った筈なんだ。

 

それでも、

自分の選択によって今に辿り着いたんだという事を、

見つめる必要がある。

 

 

それを責めるのではなく、

1つの考え方として、

自分の未来の姿は「いかようにも」変わるもの、

との認識を備えておくと少し楽だ。

 

更に、

自分が本当に大切にしている「軸」が明らかになる。

 

 

「軸」さえズレないのであれば、

未来の自分は如何様であっても構わない。

自分は変化しても構わない。

そんな風に捉えるんだ。

 

果たせない夢を「失敗」だと責めないよう、

自分は失敗しても構わないと、

許可しておくんだ。

 

他人ではなく、

自分が自分を先に抱きしめておくんだ。

 

 

何かに固執して、
自分を縛ってはいけない。

 

未来に生きるのではなく、
今に生きるんだ。

 

 

 

その為にも、

自分の中にある「いかようにも」のスイッチは、

今からでもONにしておくといい。

 

 

今見てる未来以上に、

素晴らしい未来を受け取る事も許可する事を意味するのだから。

 

 

思ったよりもちっぽけかもしれない。

思ったよりも大ごとかもしれない。

 

だけど、

事の深さは目に見える状況で測れるようなものではない。

自分の可能性を狭めぬよう、

見た目の華やかさに囚われぬよう、

心の目も養う事にも努めながら今を大切に生きよう。