アマルガム除去

f:id:nakatakaori:20180109141954j:image

 

 

最近、アマルガム除去をしました。

 

アマルガム…いわゆる銀歯です。

昨今では安全性が疑問視されており、

実は毒であるとの話が主流になっております。

 

 

もちろん、

施術が盛んだったあの頃は、それが一番良い治療法であったのだと思います。

保険適用のものですし。

色々疑わしくはありますけれども。

 

 

私も前々から気になっていたのですが、

なかなかタイミングを掴めずにおりました。

 

しかし遂に、

年末の3ヶ月に一度の定期検診に行った際に、

ふと頭をよぎり処置していただく流れに。

口内に3箇所あったうちの2箇所を

2度に分けて通って、

アマルガムを除去して白いレジンに置き換えてもらいました。

 

 

自分にしかわからない事なのですが、

思えば、気にかけるように仕向けられた?出来事も過去にあって、

それをきっかけにずっと気になっていた事でした。

 

その後、先の添付のような内容を耳にし、

やっと実行出来たのです。

随分と時間がかかったらように思います。

 

この「時間がかかった」というのにも意味があって、

これからの行動はどうするのかという示しにもなりました。

そういう意味でも出来て良かったとかんじます。

 

 

残りの1箇所は少し考えています。

大臼歯の大きな銀歯なのですがちょっとしたオペになる様子。

手術経験が親不知の抜歯しかない私には、なかなか勇気が持てません。

 

白色レジンでは出来ないため、

セラミックか金への置き換えになるのだそうです。

もし実行するとしたら金を選ぶつもりなのですが…

 

なかなか勇気が要りますね。

時が満ちるのをもう少し待ちます。