忘れるとは

f:id:nakatakaori:20180106151338j:image

 

記憶について、こんな事を書きました。

 

 

 

はてさて、

忘れるとは一体どう言う事なんだろう。

 

色々な側面があるとは思うのですが、

「学び」という観点から、

自分の体験に基づく、忘れた事、

忘れる事が出来た事について考察してみます。

 

 

 

日々、私たちは「自分」を生きる為に自己研鑽している訳ですが、様々な経験や出来事の中に今学びたい事というのが隠れていて、それらの出来事を通して人生における視野を広げています。

 

私の過去の経験に於いて、

今記憶にないものを振り返ってみますと、

記憶はなくとも覚えている断片というのがあって、

それが、その経験に区切りをつける鍵なのだろうとかんじます。

 

経験が「1つの部屋」だとしたら、

その部屋での学びを全て終えると次の部屋へ行けるのです。(少し大雑把に書いてます。)

その部屋を出る時に、扉を閉め、鍵をかけるんですね。ありがとうございましたと。

引越しで部屋を引き払う時みたいな感じでしょうか。

 

 

私の場合、その「鍵」となり得る記憶の断片は、

殆どの場合が「納得した」という「想い」です。

 

 

そうか、それはもう私には要らないという事なんだ。なるほど。

 

とか、

 

この関係は、この学びの為にあったものなんだ。なるほど。

 

とか、

 

私はこの部分に執着を持っていたと言う事か。なるほど。

 

とか。

そんな感じです。

 

なるほど、と思うのです。

それが私に「鍵」をもたらし、上手く消化出来た後に扉に鍵がかかります。

 

 

するともう、記憶としての存在が無くなるのです。

 

 

存在しないと言う事はつまり、「自分の中に在る」という事。

そこにある学びと分離していた気付きが、「自分と融合した」という事を意味します。

ワンネスへと歩を進めたという事です。

 

 

なので、忘れられない事が多いと言うのは、

通ってきた部屋の扉が全て開きっぱなしの状態である事を意味し、

分離の状態が続き、その後も同じような経験が再びやって来る事を意味します。

 

 

嬉しい事も、腹の立つ事も、

感謝や憎しみや妬み嫉みも、

全てが自分のエネルギーを消費させる出来事として、再び訪れるという事です。

 

 

嬉しい事ならいいじゃない、と思うかもしれませんが、

陰陽のバランスと言うものがあって、

そこに偏り過ぎるのは毒に繋がるのです。

喜びの刺激を求め続け、自分の本心を見失うパターンもあります。

実際、多く見受けられますし、私もそのパターンにハマりつつありました。

 

 

プロ野球選手の落合博満さんが、

ホームランを打ち続ける為の秘訣として、昔こんなような事を言っていました。

 

「ホームランは、打った瞬間に忘れるようにする。

その成功体験に縛られると、次の打席で打てなくなる。

その時々のコンディションは違うから、打ったらすぐに忘れる事が大事だ。」

 

 

 

喜びは、ともすれば執着に成り代わります。

執着するという事は、過去に生きる事を意味します

 

今を生きるには、その執着を捨てて、

ニュートラルな自分でそのエネルギーを循環させる事が必要なのでしょう。

 

これは、喜びの感情を抱くなという意味ではありません。

 

陰陽抱き参らせる事が大切で、

良しも悪しも認めた上で中庸を守ることが大切なのです。中道を行く事なのです。

 

 

嬉しい事は嬉々として向き合うけれど、

ネガティブな感情は目を逸らしやすいですから、

どちらもしっかりと向き合って、

自分の本心に気付く事から逃げない事です。

 

今をしっかり生き抜く事です。

 

 

 

そんな風にして、

自分の感情や心の在り方をコントロールして、

自分としっかり融合させる事で、

開きっぱなしの部屋の扉に鍵をかけられるようになります。

 

そうして、記憶は意識から消え去り、

魂に記録として刻まれ磨かれるのだと思います。

 

 

さて、今振り返ってどうでしょう。

開きっぱなしの部屋はありませんか?

 

扉を閉めないのは他人ではありません。

自分にしか閉められないですし、

鍵も自分にしか手渡して貰えないものです。

 

 

今年の節分は大事な節目だと言います。

それまでに少しでも、開きっぱなしの扉を閉められるように、自分と向き合いたいですね。

 

この世は、この人生は素晴らしい

という記憶で自分を満たせるように。