恥じ入る思い

 f:id:nakatakaori:20180106040629j:image

 

過去を振り返ると、恥じ入る気持ちに襲われる事が多々あります。

 

 

バカな事やってたなぁ…という思いではなく、

そのバカな事やった背景にある自分の心、

エゴの部分に対してです。

 

 

色々整理していると、

不要に行動している事が多いこと。

 

その背景には、

認められたい、崇められたい、

凄いと思われたい、

心の隙間を満たしたい、

などの想いがズンとのしかかっています。

 

あの時はわからなかったけれど、

今の視点で観ると丸わかりです。

あぁ…、強がっていたんだなとかんじます。

 

 

その当時の自分を抱きしめ、

恥じ入る気持ちを抑え、

その過去があったからこその今に感謝し、

心を落ち着けながら改めて、

今はどうなのかを振り返ります。

 

恥じ入る気持ちを抱いてしまうような過去の言動。

 

今尚しているようでは何も変わらないのと同じです。

 

 

1つ1つの言動と心の動きをしっかりと観て、

今を選択したいと思います。

 

 

弱かった過去の愛しい自分から与えられた今の気づきに感謝。

 

ごめんなさい。

許してください。

愛しています。

ありがとう。