過去に生きるのを辞めてみる

f:id:nakatakaori:20171227142334j:image

 

過去に生きるのを辞めるのはとても簡単。

 

 

「やーめた」

 

 

そう決めればいいだけ。

今この瞬間に辞めると意図すればいいだけなのだから。

 

 

よくよく感じてみると、

今この瞬間には「過去」はなく「今」しかなくて、

鏡を見て寝ぼけ眼で身なりを整える私、

しか存在していないとわかる。

 

なのに、

 

誰かにこんな事をされた、

こんな事を言われた、

腹が立つ、

信じられない、

許せない、

考えられない、

 

という思いに心を支配され、

沸々としてしまうという事は、

感情に自分を明け渡し、

「今」を生きていないと言う事を意味する。

 

それは本望ではないはずだ。

 

そこから脱却するには、

今この瞬間に、

そんな感情を心に宿すと決めているのは、

他の誰でもない自分だと気付く事が重要だ。

 

もちろん、

生まれた感情は極限まで味わい尽くせばいい。

そうしなければ、

不完全燃焼でシコリが残るから。

 

でも段々と慣れてくると、

感情の炎すら上がらなくなる。

燃えて灰にならないうちに、

燃えかすにならないうちに、

大きな塊のまま心から排除する事が出来るようになる。

 

 

過去に囚われ、

過去に生きる事を選んでいるのは、

その感情を植え付けた(と思い込んでいる)相手のせいではなく、

全て自分で選んでいる事なんだ。

 

 

過去に生まれた沸々とした感情は、

怒りが火種となって己の心を焼き尽くす。

長い目で見れば自虐行為にあたるんだ。

 

そう理解した上で決意すればいい。

 

 

「やーめた」

 

 

そうすれば、

今ココに自分を戻す事が出来るよ。

 

 

 

あの人はあぁだったけど、

こうしてくれる人がいるからこの人たちを大事にする!

 

なんていう条件付きの自分へのなだめ方も、

最初はいいけど、

いつかは必ず離れないといけない。

 

条件という制限を自分に課してしまうと、

いずれそれが「今」から遠ざける足枷になるから。

 

バランスを大切に、

今の自分に合わせて対応を変えていこう。

 

 

今この瞬間を生き、

何事にも心を左右されない自分、

条件も制限も制約も、

何も課される事のないありのままの自分を生きる。

愛に生きる私に還る。

 

 

時々私もグラつくから、

自分への戒めも込めて。