人付き合いは腹六分

f:id:nakatakaori:20171207124307j:image

 

「人付き合いは腹八分」

 

以前に見た仏教関係の昔々の方の言葉には

 

「人付き合いは腹六分」

 

と更に割合が変わっています

出典とどなたの言葉なのかは

メモを捨ててしまっており失念しておりますが

美輪明宏さんも同じように仰っていますね

 

 

これを受けて私は

「少しよそよそしくしなさい」

と言う事なのかな?と思っていました

自分のまま付き合ってはいけないよと

 

白黒絶対主義のなせる業

これが違えばこれ

なんと極端な考え方でしょうか

 

 

だけど今は違う捉え方をしています

 

 

「人付き合いは腹六分」

 

足らずの四分は

 

相手への思い遣り
配慮
慮る心

 

と言う意味があります
それを自然に湛えられる自分でありなさい
と言う意味なのですね

 

よそよそしさを持ちなさいではなく
親しみを持って
相手を敬いなさいと言うのが
その足らずの四分に含まれています

 

全てに於いて
愛でありなさいと言う
美しい意味があるんですね

 

日本人の性質でもある遠慮がちな性格は

本来こういうところに活かされるものなのでしょう

配慮や本当の意味での謙遜という精神を備えている魂なのですね