肌荒れの原因

 f:id:nakatakaori:20171104131820j:image

 

前回の続きです。

肌荒れから学ぶこと - nakatakaori’s blog

肌荒れに一番効果があったもの - nakatakaori’s blog

 

 以前にこんな事を書きました。

身体が教える心の状態 - nakatakaori’s blog

 

身体に現れる症状というのは、

自分の内側が現れたものです。

 

足は「少し立ち止まってみたら?」

手は「手を広げ過ぎてない?」

喉は「言いたい事我慢してない?自分を抑え過ぎてない?」

熱は「怒りを溜めてない?」

皮膚は「自分の自信を失ってない?外部との接触を拒んでない?」

 

などなどの意味があります。

 

そして、

ニキビに関しては、

出来る場所によって意味があるのだそうです。

額は「母親との葛藤があるんじゃない?」

顎は「自分を抑え込む事が限界にきてるよ?」

頬は「身近にいる誰かに嫌われる事を恐れてない?恥じてない?」

などなどです。

 

 

そして、

肌荒れというのは解毒のサインであるとも言われています。

体内の毒素を排出しようと頑張ってくれているんですね。

 

しかし、

何を急にこんな一気に排出しようとしていたのかしら。

 

振り返るとこんな事が。

 

出来るなら見たくない - nakatakaori’s blog

 

 

この時に感じた事、

実際に感じる前の準備段階も含めて、

この時の感情解放が現れたのだろうと思います。

 

この時は本当にエグかったから、

それを解毒しようと思ったら、

そらアレだけのニキビにもなるわ…。

 

納得の結果です。

 

 

 

私の為に、

繊細な皮膚が頑張って解毒しようとしてくれていたのですね。

そうとも知らずに私は、

何故こんな事になるのか!と憤り、

目の前に見える事にだけ囚われて、

外から抑え込もうとしていたのです。

 

ホ・オポノポノで内側をクリアリングする事にして、

内なる原因に触れた事によって改善に向かいました。

 

 

 

大切な事は目には見えないから、

代わりのメッセンジャーが居るのですね。

 

人で例えるならば、

 

魂は目には見えないから、

メッセンジャーとして身体がある。

とも言えます。

(細かい事はおいといて)

 

 

 

自分の内側で起こった事と、

身体の症状として現れる事には時間差があります。

 

症状が出た時の状況ではなく、

その少し前の状況が現れているのです。

 

継続した問題ならば今を見れば良いのですけれど、

解決したものもあるという事。

 

 

解決していないのなら解決に努め、

解決しているのなら、

私の代わりに辛いお役目を担ってくれている身体に愛と感謝を送る。

 

 

私の場合はコレで改善に向かっています。

有り難い事です。

 

 

その他にも色々な事が繋がっています。

何か?

 

次に書いてみます。

 

(引っ張るね)