揺れる ゆれる

f:id:nakatakaori:20171018203407j:image

 

タピオカ澱粉で作ったなんちゃってわらび餅。

ほとんど母親に食べられてしまいました。

ビーガンスイーツ。

とても美味しかったです。

 

 

ここのところ、様々な警告が私に示されています。

それが一体何を意味するのか。

少しわからないでいます。

 

事が起こってから気付くのか、

その前に気付くのか。

 

今自分の中に、

何か意識しないでおこうとするモヤモヤが

あるのかないのか。

 

注意深く探っています。 

 

 

多分コレだろうというのはあるのですが、

それの何なのかがわからない。

まだまだ「かんじる」力の弱さを痛感します。

 

 

光の中で目を閉じているので、

ずっと闇の中にいるようなもの。

同じ課題を何度も何度も繰り返し、

本気出して越えて行け!という状況を、

自ら引寄せているのかもしれません。

 

張り切ると大概そうなります。

 

 

 

1つ明らかなのは、

自分軸がぶれた事。

 

 

今、友達のワンちゃん(女の子)を預かっているのですが、

甘えん坊の彼女は私が居なくなると、

とても切ない声で鳴きます。

姿を見ると喜び大爆発で飛び付いて来て、

ピッタリくっついて離れません。

 

家に連れて来る時の彼女の不安なエネルギー、
とても凄かったのですよ。
私の心が変に脈打ち呼吸が浅くなるのですが、

これは私のではないとわかる「恐れ」の感情でした。

私でもわかる程だから相当だったのでしょう。

 

大丈夫、大丈夫と安心のエネルギーを送って帰宅。
自宅でも、愛を送るように彼女に接するようにしていました。

今、心を開いて甘えてくれているのは、

そんな想いが通じたからかな?とかんじます。

 

そんな事もあってここで私の癖が発動。

 

そういう姿に心動かされ、

彼女のペースに合わせてしまいそうになります。

常にくっついていられるようにしたり、

リビングにいる時間を増やしたり。

寂しさに耐える彼女をどうにか安心させようと、

自分の時間をかなり削ってしまっていました。

 

 

彼女は自分の「今」をただ真っ直ぐに生きています。

見習うべき姿です。

 

 

私はというと、

そんな彼女に揺らされて、

すべて事は後回し。

リビングに長居。

離れていたテレビを観る時間も増加。

 

「彼女のため」という大義名分を掲げて、

数日ですが、

自分軸を失ったようなかんじになりつつありました。

 

テレビは相変わらず、

ジャンル問わず気が滅入る放送がとても多く、

ストレスがどんどん溜まります。

無意識にイライラが募ります。

改めて、イライラさせる報道の多い事。

 

そんなイライラを感じてる自分にも嫌悪感です。

イライラはイライラを引寄せ、

更にエネルギーが落ちます。

 

あぁダメだ!こんな私、嬉しくない!と思い、

自分軸を戻す事に。

彼女には酷なのかもしれないけれど、

母親や父親に委ねる時間を増やしました。

 

そうなったらそうなったで、

彼女は「今」の最善を生きるだろうから、

お互いに強くなれたらいいなと思いながら。

 

役に立ちたいという野心を、

私は手放さなければならなかったのだなぁと思います。

 

だけど良い事も沢山で、

こんなにも頼られると心が強くなったり、

何かしてあげたいという利他の想いが自然と沸いてくる事を再確認出来ました。

 

今に集中する事、

感情をしっかりと表す事。

私たちと何ら変わらない大切な事を、

わかりやすく示してくれます。

 

そして何より、

毎朝5時半の散歩で超朝型に。

必要な作業は、散歩から帰って来たその勢いで、

朝のうちに仕上げるようになりました。

 

友達にお返しした時にリズムが変わってなければいいなと思いつつ、

このリズムの変化はとてもありがたいです。

 

 

気付きと変化に感謝しつつ、

さぁ他の事は何だろうか。

 

無意識を意識するには、

余裕がないと難しいですね。

 

今一度、内観が必要そうです。