神格化したもの

f:id:nakatakaori:20171010233845j:image

 

 

自分の真実に生きるには

特別な何かを崇拝したり

グルに仕立てたり

神格化して

それに依るような事があってはならないのだけど

 

どんなに意識しようとも

無意識のうちに仕立ててしまう事がある

 

大きな事から小さな事まで様々に

 

 

具体的には

自分の気付きに深く影響を与えた人だったり

 

自分の経験からかんじた価値観だったり

 

世間的な美しさだったり

 

エゴだったり

 

カタチあるものないもの様々がその対象になる

 

陰陽の視点

3次元の視点が濃い場合

そうなりやすい

 

 

これは良い悪いの話ではなく

 

何か特別なものを仕立て上げる事

神格化する事は

 

自分を拘束する事になり

足枷になるんだという事を

知っておこうという話

 

 

そこに自分を固定する事でしか得られない学びもあるので

それは絶対ダメという訳ではないけれど

 

最終的にはそこから離れなければ

自分の人生を歩む事は出来ない

必ず離れるんだと心に留めるようにはしておきたい

 

そして

学びや教えを与えてくれる人をリーダーと呼ぶとして

その多くのリーダー自身も

自分をそのように仕立てられる事を望んでいない

望んでいるリーダーがいるとしたら

その関係性は改めた方が良い

 

 

私たちの魂には上も下もなく

あの人と私は同じ仲間

跪いてはいけないの

目と目を同じ高さに揃えて

微笑み合うの

 

 

気がつくとやってるんだよ

上下の格付け

 

自分が上に立った事には気付きやすいけど

誰かや何かを上に立てた事には気付きにくい

 

これは違うだろうと思った事でさえ

実はそうだったりするんだよ

 

だから常に

自分の心は静寂の中に置く事だね

 

感情にコントロールされる事なく

感情をコントロールするようにね