過去への謝罪

f:id:nakatakaori:20170927012604j:image

 

先日、過去を振り返る機会がありました。

 

装った自分を認識する - nakatakaori’s blog

 

ここ最近は、

瞑想をしていても、背中がズーンと重くなり、

いつの間にか上半身が前に倒れてしまう程、

過去のアレコレが色々と溢れてきています。

 

 

今日は、

スピリチュアルレッスンの宿題をしながら、

何故か過去のある場面が脳裏に映し出されました。

 

その当時の自分目線ではなく、

客観的な今の自分の目線で上から眺めるように、

鮮明に再現されます。

 

 

その時の自分の行動。

相手への仕打ち。

 

 

例え、自分が苦しい時であったとはいえ、

何と酷いことをしていたのだろうか。

 

ごめんなさい。

ごめんなさい。

ごめんなさい。

 

何度も謝りました。

 

ごめんなさい。

ごめんなさい。

ごめんなさい。

 

謝っても謝っても、

悲しみしか湧きません。

本当に申し訳なくて。

 

 

 

 

今の私には、

その時の私は、

「問題から逃げる為の麻薬」

を求めていたように思えます。

それによって他人を傷付けていたのです。

 

自分がしてきた仕打ちを、

こんなにまざまざと見せられるのは、

お恥ずかしながら初めてで、

正直なところ、

自分が情けなくなりました。

 

 

しかし、

情けないと思えるようになるまで、

自分のハートの芯が強くなったとも言えます。

 

あの時の私はそれだけ弱かったのです。

怯えていたのです。

 

だから、

時間は経ってしまったけれど、

直接言う事は叶わないけれど、

今、心から謝罪します。

本当にごめんなさい。

 

 

きっともっとあるんだと思います。

自分が他人に対してしてしまった事。

あからさまな仕打ちや、

優柔不断な言動、

無理に合わせようとして自分を隠した事、

思い出せないアレコレ、

もっともっと。

 

本当にごめんなさい。

申し訳ありませんでした。

 

全ての出会いと出来事、

共に過ごしてくださった時間、

あらゆる関わりに心から感謝申し上げます。

 

 

ごめんなさい。

愛しています。

許してください。

ありがとうございます。