小さな命

f:id:nakatakaori:20170914190226j:image

 

ショッピングモールにあるペットショップに、

沢山の猫たちがいたので立ち止まって見ていました。

 

本当に純粋に丸まんまの命。

店員さんにも優しく丁寧にお世話してもらっています。

 

よっぽど見入っていたのでしょうか。

店員さんが寄って来て、

1匹のラグドールという種類の猫を連れて抱かせてくださいました。

 

とても人懐こい猫種らしく、

リラックスして喉を鳴らしながらお腹まで見せてくれました。

 

私のネックレスの石が気になって、

飛び付いてきたりと元気いっぱい。

 

まだ2ヶ月の仔猫の女の子。

残念ながら私は飼えないけれど、

誰かの元に早く行けるといいね、とお別れしました。

 

とても嬉しいひと時でした。

 

 

 

ペットショップには様々な裏の世界がありますね。

お金の為に子供を産ませ、まだ小さいうちに親から引き離し「商品」として陳列するのですから、それだけでも疑問がいっぱい。

「命」を「購入」するという事に対抗をかんじます。

 

私は、将来的に猫と暮らしたいと考えていますが、

その時には保護猫を迎えようと思っています。

 

 

だけど、

現にこうして陳列されてしまっている仔犬や仔猫たちは、

買い手がつかなければどうなるのだろうというのも気がかり。

 

 

保護猫の行く先が決まる事と、

ペットショップの動物達の行く先が決まる事が、

良いバランスで成り立って、

将来的に「命」の「購入」が無くなることをイメージしています。

 

このショーケースに入っている可愛い命達は何も悪くない。

幸せな環境で暮らせますようにと心から願います。