多次元宇宙に住む私たち

f:id:nakatakaori:20170912235438j:image

 

この世界は既に多次元宇宙なのだなぁと思う


一人一人が傍目からは球のような宇宙の中にいて
一人一人が全く違う次元なのだけれど
全てが今ここに存在している


そんな世界

 

 

昔からそうなのだけれど
今と昔の違いというと


昔はその球の輪郭を他者が認識出来なかったけれど
今はそれが出来るという事かしら


違う世界に生きていると認識しながら
今を共有できる事かしら

 

球の中と言うと

なんだか他人が観れば小さな世界にかんじるけれど

実際に相手の球の中に入る事が出来たとしたら

その球は無限に広く

全てを覆うとわかると思う

なんせ「世界」なのだから

 

それぞれの境界部分が

複雑な次元のバランスをとっているのかもしれないね

 

 

とは言えそれもまた徐々に変わっていくだろうね


良い悪いの話ではなく


ただそう在る事


ただそう成る事

 


それだけの話だけれどね