想いはエネルギー

f:id:nakatakaori:20170910165654j:image

 

自分が相手を見る時
どの範囲で観ているのか
意識した事はあるだろうか


好意を持つ相手には
無条件に全てを受け入れる
広角のマインドが働くが

好ましく思わない相手には
身構えるのと同時に
かなり狭い視野で相手を観ている

これは無意識にそうさせる


そんな状況で相手を観ると
相手の不快な点
つまり
自身の正義に則さない点について
否定的な考えが生まれたり
批評を繰り出したり
学びをかんじたり
過去の自分を反省したり
ポジティブからネガティブまで
それはそれは多岐に渡る影響をかんじとる事が出来る


直感的に
ネガティブな考えや行動が生まれるのは
あまり好ましくないとかんじると思う
まだ未熟なのだろう
内観に取り組む人はそうかんじると思う

逆に
ポジティブな考えや行動が生まれるのは
学びを経ており
より内観が深まっている事の表れ
のようにかんじると思う

確かにそうだ
全ての出来事は自分に起因する
そう理解していれば自然な事だろう


だけど最近かんじる事がある


実はそれもまだまだ学びの初期段階で
さほど深まっていない状況であると

 

宇宙の基本法は”愛”であると
多くのスピリチュアルリーダーは語る

実際その通りで
私たちもそれに基づき
自己研鑽に励み
自身を高めている

それぞれが現在の自分の段階に応じて
自分の中に”愛”の定義を持っており
その定義に則した愛の表現をしている

それでもその多くは
顔を見合すような距離感で世界を観ている
それくらいの視野であったりする
まだまだ視野が狭いんだと気付く時がある


愛というのは唯一絶対の存在
全てを包む優しい光

私たちは
相手を見るのではなく
自分も含めたその「出来事」を
正に宇宙から眺めるように観るべきなのだと思う

そうすると
相手は「悪」を放っているように見えても
100%の「悪」ではないと気付く
自分は「善」で応じていたと思っていたのに
100%の「善」ではないと気付く

相容れない関係には
確かに悲しさをかんじてはしまうけれど
それでも相手の全てを
相容れない部分も
「悪」にかんじる部分も
全てを愛で包む事が
本当の「愛」に基づく行動で
それこそが「宇宙の基本法」なのだろうと思う

それによって何が起こるのか


相手を愛で包んだ時
相手の中にある本当の「愛」に刺激を与える
「善」に刺激を与える

すぐその時にはわからないかもしれない
時間差はあるだろうし
たった一人がそうしたところで
大きな変化は見られないかもしれない

けれど確実に
今より波動が上がり
相手だけでなく自分にも共鳴し
双方がポジティブな方へとシフトが始まる

全ての人がそう出来たなら
地球全体が愛が持つ高い波動に引き上げられて
世界さえ変わっていくだろう

実際に変わって来ているのだけれど
その面をかんじられるだろうか

 

今求められているのは
祈る事だと耳にした事があるが
愛で包むとは祈りに近いので納得


その出来事と出会った時
瞬間に沸き起こる感情は仕方がない
味わおう
しかし
それをキチンと収めて
出来事の全体を見下ろし
全てを愛で包むんだ

憤りをかんじる事も
怒りをかんじる事も
悔しさをかんじる事も
悲しみをかんじる事も

全て手放して祈るんだ

想いはエネルギーだ
その中でも愛は
宇宙最大のエネルギーだ


自分の中に怒りなどの想いがまだあるのなら
先ずは自分自身を
宇宙最大のエネルギー
愛で包もう