何もないところにあるもの

f:id:nakatakaori:20170902023436j:image

 

何も成さずとも

 

何も持たずとも

 

それでも豊かであると

 

かんじられる心こそが

 

本当の幸せであり

 

私たちが行き着くところではないだろうか

 

 

そしてそこから

 

本当に自分が出来る事

 

本当に自分がすべき事を見出し

 

柱を立てて行くのではないだろうか

 

 

何もないというのは

 

既にそれで完全であるという事

 

0から1を立てる事は

 

相当のエネルギーを要する

 

 

それでもそれが叶うのは

 

そのエネルギーとは

 

愛であると知っているから

 

 

必ず人は

 

愛に辿り着く

 

なぜなら人は

 

愛の結晶だもの