自分の中の真実を語る

f:id:nakatakaori:20170826172032j:image

 

心にある想いと、

口から出る言葉に相違が生まれる事はないでしょうか。

 

本当はこう思っているのに、

全く違う事を言ってたり、

妥協していたり。

 

私が20代前半の頃、

心の中と外の自分が一致している人に、

とても心惹かれていました。

 

その時の私はと言うと、

誰かに良く見られたいとか、

この関係だけは手放したくないとか、

弱い人だと思われたくないとか、

とてもネガティブな想いの元に、

自分を装っている自覚があったので、

そんな自分から脱出すべくもがいていたのです。

 

自分の想いに嘘をつかない。

とても怖い事でした。

 

「それは私の好みじゃない」

「あまりピンと来ないから行きたくない」

 

NOを伝える事もそうだけど、

 

「興味があるからやってみたい」

「一緒に行ってもいい?」

 

希望でさえ難しかった。

だけど、実践あるのみ。

実践してこそ、伝え方を知る事にもなります。

 

そして、実践していくうちにわかる事があって、

素直にYESもNOも伝えていても、

その更に奥に自分の真の想いが隠れていたりするのです。

 

まだ自分の真実に触れられていないと知る事になります。

 

自分の事は自分が一番良くわかっているつもりでしたが、

まだまだ見ようとしなかった真実があったんですね。

 

 

そこまで自分は弱くなく、

そこまで自分は強くない。

本来見るべき人、

つまり自分が、

全く見向きもせずに真実が隠されて来た。

 

これからはその「真実」を見つめる事が重要になるでしょう。

真実に生きる事しか出来なくなるでしょう。

 

自分の中の真実を語ること。

 

そう決めて、

自分を信頼して進むのみです。