自分の歴史を振り返る

f:id:nakatakaori:20170810161148j:image

 

今日は己巳の日。

弁財天さまや、白龍、白蛇をお祀りする神社に詣ると財運がアップするのだとか。

友人の薦めを受けて、地元神社を検索してお詣りに出向く事にした。

 

 

すると不思議な事に、

幼少期に初詣で毎年お詣りしていた神社だったり、

かつて飼っていたワンコの散歩コースとして、いつもお社の周りをグルリと回っていた神社だったり、

初めて勤めた会社の近くの神社だったり、

全ての神社が自分に縁ある神社だった。

 

初詣でお詣りしていた神社では、

母親の大きなコートを借りて着てたなぁとか、

 

ワンコとの散歩では、

ここでウ○チするんじゃないぞ…

と内心思いながら、

のんびり歩いてたなぁとか、

 

初めて勤めた会社の近くの神社の玉垣には、
当時のお客様のお名前がチラホラあって

皆さまお元気かなぁとか、

 

色々思い馳せた。

 

いつも懐かしの場所へ訪れても、

懐かしさも何もかんじないけれど、

今回は各所で懐かしさと心地良さをかんじ、

財運云々はともかくとして、

自分の歴史を振り返る時間となった。

 

 

あの時間があって今がある。

私が何の意識もなくノホホンと生きていた時間にも、

変わらず私たちを護り続けてくれている場所があって、

守り続けてくれている人もいるんだと、

改めて想う機会となった。

 

 

有難い事だ。