人を変える

f:id:nakatakaori:20170803001814j:image

心理学を学んだ時に、

講師の先生から繰り返し言われた事は、

相手を変えられると思うな、

という事。

 

自分は相手を変えられるという自惚れや慢心は、

エゴを引き出し、

メサイヤコンプレックスへと変化する事になりかねない。

本来の目的からはかけ離れてしまい、

自ら火に飛び込む事態を招く。

 

 

だけど唯一、

人を変える方法がある。

 

 

それは、

 

 

自分が変わる事だ。

(想像出来ただろうけれど。)

 

 

自分が変わる。

見方、視点を変える。

捉え方を変える。

在り方を変える。

 

それらの変化によって、

相手の言動の受け止め方が変わる。

 

つまり、

相手が変わって見える。

 

実際には相手は何も変わっていないのだろう。

こちらの捉え方が変わったのだから。

 

だけど、

こちらが変わった事に影響されて、

相手も本当に変わる事がある。

相手が変わった事に影響されて、

またこちらも変わっていく。

互いに研鑽し合うのだろう。

 

ただし、

こちらが相手を直接的に変えたのではなく、

相手が自らの意志で変わる事を選択しただけだ、

という事を理解しておく必要がある。

 

逆も然りだ。

 

相手に直接的に変えられる事はない。

自らの意志で変わる事を選択しているのだ。

 

 

結局のところ、

相手を変えたければ、

先ず自分が変わらなければならないという事。

 

ご縁のある方ならば、

先に書いたように研鑽し合って相手も変わる。

 

お役割を終えた方ならば、

そこでご縁も終わりを迎える。

 

 

自分次第、とはわかっていても、

どうしても相手に何かしてやろうかと思うもの。

その感情をコントロールするために、

一度深呼吸して、

「鏡」を覗くクセを身に付けておきたいと思う。