グラウンディング・アーシング

f:id:nakatakaori:20170726144227j:image

大地と繋がろう。

近頃の私は上へ上へ行こうとしてしまうので、

少しずつグラウンディングアーシングを意識しています。

 

裸足で大地に立って、

大地のエネルギーをかんじてみる。

 

寝転んで空を見上げて、

木々が揺れるのを眺めたり、

雲が流れるのを眺めたり、

 

風にそよがれながら、

蝉の鳴き声を聴いてみたり。

 

そんな風にして過ごしていると、

実は涼しいことが良くわかります。

 

 

私たちが生活している場所は、

大地はコンクリートに覆われ、

風に揺れる木々は遥か遠く、

空気の揺らぎ、音の揺らぎがない、

自然から隔離された空間。

 

夏の太陽の熱だけではなく、

私たちの滞ったエネルギーも蔓延して、

不快な熱として溜まっているのかもしれません。

 

土の大切さ、緑の大切さ、

拓けた空間の大切さ。

そんな場所に身を置くことの大切さ。

 

具体的な変化はわからずとも、

何か良くわからないけれどかんじる何か、

それを味わう回数を重ねる事で、

知らずに纏ってきた鎧を、

1つ1つ脱ぎ捨てることが出来ます。

 

身軽になって、

次のステージへと進みましょう。

 

 

海に浸かるのも良いですよ。