知識を受取る器も磨く

f:id:nakatakaori:20170724214515j:image

世の中には沢山の学びがあって

それを身に付ける為に

熱心に学ぶ方も沢山いらっしゃいます 

 

私も色々学ばせていただき

自分の中で咀嚼しながら落とし込んで

気付きを得て来ました

(まだ学びの途中)

 

その中で

気を付けなければならない事があると

実体験からかんじる事があります

 

学びはとても大切です

しかしながら

学ぶだけではどうやらダメなのです

 

実践しなければ

 

と言いたいのではありません

それは勿論のことですが

他にも大切な事があります 

それは

 

自分という器を磨く事

 

 

器を磨くとは

 

 

私たちの身体は魂の容れ物

身体を美しく保つ事が

魂を傷付ける事なく大切に扱う事に繋がります

 

身体という器を磨く事

 

これもとても大切なのです

 

 

身体には心の状態が全て現れます

なので必然的に心の癒しはセットになります

加えて身体の癒しを行う

 

身体の癒しとは

マッサージや軽い運動もそうですが

身体を創る食べ物やお水にも気を付ける事を含みます

 

特にお水は

成人の身体で7〜6割を占めると言われています

このお水が循環せず体内で滞ってしまうと

学びや気付きのフィルターの目が詰まるようなもの

吸収出来るものも出来なくなります

 

そして添加物などの薬品を摂取する事も

本来は自然の一部である私たちの身体を

毒したり麻痺させたり誤作動を誘発したりなど

自然から引き離す行為である為

かんじるという機能が低下したり停止させたりしてしまいます

 

 

結果どうなるかというと

 

学びに気付かなかったり

イライラしたり

不安になったり

不満を抱えたり

低次元の物を引き寄せたり

ネガティブになったり

想いの循環が悪くなったりします

 

何を自分の中に取り入れるのか

それを許可するのは

食べ物を食べる自分です

目の前の食べ物や飲み物は未来の自分

どう選択するのか

じっくり考えてみる事も大切ですね

 

他にも色々ありますが

取り急ぎ気を付けられる事から実践すれば良いと思います

その行動こそが

自分を愛するという事になります

 

自分を愛してこそ

知識も含む全てを受取る事が出来るようになります