メッセージ

癒しと寂しさと気付き

荒ぶる姫君。 先週一週間、友人のワンちゃんを預かっていました。 彼女はとっても賢く、人懐こい甘えん坊。 いつも私にピッタリとくっついて眠っており、 他の家族がいても私の姿が見えなくなると、 クゥクゥと悲しげな声を出して後追いをする程でした。 友…

贅沢の本質

先日、友人と話をしていて深く納得した事。 ご自愛や贅沢では、 外に豪華なお食事をいただきに行ったり、誰かから至れり尽くせりを味わわせてもらったりなどが多く見受けられるけれど、 自分が「自分のためだけ」に、丁寧なご飯を拵える事や、部屋を掃除する…

出来るなら見たくない

時にグラウンディングをして自然の中に身を置く事で 自分の中に溜まった重いエネルギーを解放します 自分を大切にするには 自分の中の全てを受け止め それで良い そのままで良いと 認める事になるのだけれど 今を生きると決め 自分の直感や魂に従って生きる…

自分だけのオリジナル

誰かから その人が通った道程を教えてもらったとしても その事を鵜呑みにはせず 参考にさせていただくに留めた方が良い それはあくまでその人の道でしかないのだから 自分がその道を行く時には 途中であちらに道をそれてみたり 聞いていたそこには立ち寄らな…

正しさを求めない

目の前で起こる出来事は全て 必要があって起こる事 そこから何をかんじるかは全て 自分の捉え方で決められる いかようにも変えることが出来る世界では どんな選択も必要があって選ばれたものとなる 正しさは正義ではない 正しさだけを追い求める事が 誤りを…

夢を記録する〜魂の交信〜

私っぽいね といただいたお土産 黒糖のお味にとろけています 夢心地な優しい甘さがたまりません 夢心地と言うと 私は最近毎日夢を見ます 本当に毎日 それにはどんな意味があるのだろう?と思い 1週間前くらい前から 起き抜けに夢の内容をノートに書くように…

引寄せと願い

きっとこうだろうなと思う事 こうなってくれたら嬉しいなと思う事 それが現実化するには それを想う心に ピュアな愛がなければならないみたいです そして 現実にそうであるかのようにイメージする事 純粋な愛が磁石となって それを引寄せます その想いに純粋…

その疑問は真実

そう 貴方のその疑問は真実 その通り その疑問の通り そこに真実がある 貴方はそれを知っていた きっかけは目の前の事 だけど貴方は知っていた 思い出した さぁその疑問とは何? その疑問はオープンなもの? カモフラージュしてない? それを見極められるの…

天地が返る

地球の変動と共に 「天地が返る」 と言われていましたが 実際はどうでしょうか 私個人としては 確かに返った とかんじています これまで良しとされて来たことが 一転そうではなくなり これまで悪しとされて来たことの 向こうにある真実に光が当たるようにな…

自分を救うもの

過去に「救われた」と思う何かがあったとする 褒められた事であったり認められた事であったり何かしらの出来事であったりお気に入りのぬいぐるみであったり大好きなアニメであったり尊敬する人であったり憧れる人であったり想いを寄せる人であったり 色々あ…

中秋の名月

今日は中秋の名月。 満月は明後日ですが、 まだ満ちていない月でも綺麗ですね。 まるで私たちのよう。 ありのままで美しい私たちのよう。 そして今日は甲子の日。 大黒天さまのご縁日です。 大黒天さまのマントラ 「オン マカラキャヤ ソワカ」 を唱え、豊か…

静寂の中に

以前のように 急激な高揚を求めなくなり そういった空間には身を置かないよう 関わらざるを得ない時には その出来事をすぐに天に還すよう ここ最近は心掛けております 今年 私の活動がスローペースだったのは そのバランスを取るため 自分に集中するためでし…

神を自分の意思の中心に置く

「神を自分の意思の中心に置く」 という言葉を目にしました。 以前にもどこかで目にした事があります。 この必要性を強くかんじます。 自分の中に常に静寂の息吹をかんじるように、 自分軸にも他人軸にも属さず、 全てを委ねて心をニュートラルに保つ事。 言…

素晴らしい人生

喜びも悲しみも 怒りも楽しさも 全て自分で用意していて いつだって 最適な学びをしっかりと得ている ここにこれがあって良かったと思うタイミングも 自分が用意しているし この時にこの方がいて下さって良かったと思うタイミングも 自分が用意しているし そ…

美しいコントラストを味わう

淋しいと思える事も 悲しいと思える事も それはとても美しい 淋しさの反対側の想いを知るからこそ 「淋しい」を知る事が出来 悲しさの反対側の想いを知るからこそ 「悲しい」を知る事が出来る いずれその対極にある想いは 一つの光となるのだけど だからこそ…

自分の中の戦争を終わらせる

先日、お久しぶりの方にお会いしました。 もう何年も前になりますが、 私はその方のお陰で、苦しさから救われた事があります。 長らくお会いする機会もなく、 時が過ぎて、当時の苦しみも殆ど消え、 すっかり記憶から消し去られる寸でのところで、 あの時の…

今に生きる

過去も今も未来も 全てが今ここにある 前後に流れるタイムラインなどなく 過去にも何もないのだけれど わだかまりを残したままにしておくと 「今」という瞬間が まるでブラックホールの中のように グーーーンと伸びて重たくなるのかもしれない コレを少しで…

過去への謝罪

先日、過去を振り返る機会がありました。 装った自分を認識する - nakatakaori’s blog ここ最近は、 瞑想をしていても、背中がズーンと重くなり、 いつの間にか上半身が前に倒れてしまう程、 過去のアレコレが色々と溢れてきています。 今日は、 スピリチュ…

地球と繋がる

時に 広い空を求めて遠出をする事があります 広い空はいい 地球と繋がっている事を 可視化してくれるから 何処かへ行った時にだけかんじるのではなく 自分の部屋であってもかんじられるのが良いのだけど それが出来ない事もまだまだあり 実際に身体でかんじ…

自分の将来のビジョンを描く

少しずつ自分の目的が見えて来たところで 自分がなりたい姿 在りたい姿 そんな自分になりきったビジョンを思い描くようにしています 過去の経験をフラッシュバックして傍観し あの時とは違う自分になった事で 今とは違う自分が 今か今かと待っているのだとわ…

装った自分を認識する

これまでの過去の経験を フラッシュバックのように観る機会がありました あの時の楽しい事 嬉しい事 あの時の自分なりの閃き まるでその瞬間にいるかのように その感覚までもが蘇ります しかし 今の自分と全く融合しません あの時の視点と今の視点に 認識せ…

上手く手放す

経験した出来事というのは 翌日にはこれまでで最高の経験として大きく心に残り 一年後にはあの時の経験は良かったなとスクリーン程に捉えるようになり 更に時が経てばそんな事もあったよなと他の経験と差して変わらない同じ大きさの記憶に変わる ともすれば…

太陽へ向かおう

つい最近まで使用していた携帯メールアドレス。 ふと翻訳してみると、 「太陽へ向かおう」 と言う意味だとわかりました。 なんとなく良い響きだなぁと音だけ採用し、 その音に合うよう適当にアルファベットを充てたのです。 しかしそれが2カ国の実在する単語…

美しい世界

今日の空はドラマティックでした。 台風一過、 不浄なものを全て洗い流して、 流れるままに生きなさい、 流れるままに行きなさいと、 大空にメッセージを描いていました。 自然の中で、 空の下で、 地球を抱きしめるように大きく腕を広げて、 そのエネルギー…

愛・美しいものに目を向ける

愛を以って人を見ると相手の美しいところに目が向くようになる 私の経験で言えば 訳あって沢山の吹出物が出てしまい なかなか引く事なくとても気にしていたのだけれどそんな私をとてもキレイだと言ってくれた友人 そもそも吹出物が彼らの眼中になかった 私が…

願いの奥にある本心

自分の本心は 自分でも気付いていない事がある 例えば 誰かに逢いたいと願っていたとして 出逢えた事を想像した時には 心はとても嬉しくかんじているのに いざ本当に出逢いそうな予感がした時 心はとても恐れていたりする どうしよう 怖い 逢いたくない そん…

愛ある無関心

大切なのは「自分がどうか」という事だけ 自分が大切にしている事は何か 自分の人生の目的は何か 自分を満たし自分を愛し精神的に自立し それに集中する事 ただそれだけ それ以外はどうでもいい どうでもいい この言葉にも段階があって その奥行きを味わうに…

学びを分かち合う

気付きを得て腑に落ちると そうだったのか…と視野が明るくなる そんな気付きや学びを 同じような段階の学びにある方と共有すると より鮮明に美しく その学びの深さを味わう事になる お互いの気付きが共鳴し合って 立体的にビジョン化してくれるからだろう そ…

自分の喜びを知る

マグカップキャップです。 黒猫に惹かれて購入してしまいました。 最近、 「あ、コレは私が嬉しいとかんじる事だわ」 と、その時その時の自分の心の反応をかんじるように心がけています。 特に「嬉しい」事。 意識し始めて思うのは、 自分が嬉しいとかんじる…

多次元宇宙に住む私たち

この世界は既に多次元宇宙なのだなぁと思う 一人一人が傍目からは球のような宇宙の中にいて一人一人が全く違う次元なのだけれど全てが今ここに存在している そんな世界 昔からそうなのだけれど今と昔の違いというと 昔はその球の輪郭を他者が認識出来なかっ…