メッセージ

君と歩く

君と歩く時間が少しずつ長くなってきた振り向いたら もう そこにいなかったりほんのわずかな すれ違いそれが徐々に数を減らし 君と歩く時間が少しずつ長くなってきた負けず嫌いな君だから どんな時も僕より先に行きたがるそれでいいよ そばにいるよ 君と歩く…

目的の捉え方

長生きするために健康になる。 結婚するために出逢いを求める。 儲けるために仕事に励む。 どれも私にはしっくり来ません。 長生きする事も、 結婚する事も、 儲ける(稼ぐ)事も、 健康になる事も、 出逢いを求める事も、 仕事に励む事も、 どれも素晴らし…

555

ここのところ、 目が覚めたらいつも5:55です。 変化の時。 変化の時。 今に始まった事でもなく、 この一年、二年、三年、いやずっと、 変化の時を過ごしています。 新しい物語が始まった事ですし、 また更に変化していくのでしょうね。 私がどう行動するかで…

誰も「私」を変えられない

今日まで、 そして今なお変わらず、 様々な事で多くの方にお世話になっていますが、 誰一人として私を変えた人はいませんでした。 これから先もずっと、 私を変えられる人が現れる事はないでしょう。 私を変えられるのはただ一人、私だけです。 変わると決め…

新しい物語

人生は物語を読むように一冊一冊の本のページをめくっているのだとしたら 少し前から明らかに私は次の新しい物語を新しい本を手にしている感覚がある これまでの物語は長編ながら序章だった苦しみを越えて全てを手放す物語ここからは本編に入る自分の本質を…

歴史を知る 自分を知る

確かに、歴史を知り、これまでに起こって来た戦争や、悲しい出来事を学び、忘れない事も大切なのだろうけれど、 ならば、 自分自身を知り、世界を眺める事も同様にとても大切なはず。 何故なら、この世界は私たちの集合意識の繁栄。この世界は私たちが作って…

大宇宙のエネルギーを感ずる

先日、清水寺の一般公開前夜間拝観に参加させていただき、拝観前に森清範貫主(住職)の講話を拝聴いたしました。 森清範貫主は、このようにお話くださいました。 「佛とは全てのものに命が宿っているものという考え方がどの宗派でも共通 佛とは命生きようと…

いろいろ

世の中には不思議な事が沢山ありますけどもっと広い目で見ればそれは不思議でもなんでもなく予め用意されていた事なのですよね その道を選ぶのは自分自身でありその選択の数だけ物語が用意されているのですから不思議な事を不思議な事としているのは誰でもな…

身体を巡る水

「水分補給はしっかりと」 特に夏にはよく聞くワードですね。 私たちの身体に吸収された水分は、 2週間〜6週間で体外に排出されるそうです。 なので、 今出た尿はさっき飲んだお水ではなく、 早くとも2週間前に飲んだお水が、 身体を巡り終えて出て来たもの…

宇宙からのコンタクト

宇宙から放たれる一筋の光。 あの点が宇宙への入口で、 そこへ行けば宇宙に行ける。 行くべき星へと誘われる。 みたいに見えます。 実際には、山側から照らされたサーチライトが、 厚い雲に遮られているだけなのですが、 とても幻想的で、 宇宙からのコンタ…

理解と行動

頭でわかっていても 行動するのは本当に難しい 数々の「頭でわかっている事」がありますが その中で行動出来ている割合はいかほどか なんて思います というのも 口で言いながら 実際に行動しながら すっかりやれている気になっていたのですけれど とことん行…

意図するとは

心の中で「意図する」とは はっきりと言葉として心で語るという意味ではなく 「意図する」と決めた瞬間に 既に意図している状態なんだね 想いはエネルギーだから カタチとして現れずとも その心には確かに存在するんだ だから 何か願いを唱える時 天使に語り…

自分を偽るという事

何かのサポートを求められた時 そこに嘘があると 相手には全く届かない 相手の為を思ってとか これを言うと傷つくからとか どうせ言ってもわからないだろうからとか 面倒だから適当に言っておこうとか いずれも心に嘘がある 嫌われてもいいから 自分の中の真…

何故それを引き受けたのか

季節外れの桜です。 身体の不調が起きた時、 一度巡らせて欲しい事。 それは、 「私は何故、それを引き受けたのか。」 という事。 熱が出た。 風邪をひいた。 何故それを引き受けたのだろう? 昨年の初め頃、こんな事がありました。 友人と、とあるパーティ…

色々な繋がり

肌荒れに関する事を色々と書きました。 肌荒れから学ぶこと - nakatakaori’s blog 肌荒れに一番効果があったもの - nakatakaori’s blog 肌荒れの原因 - nakatakaori’s blog これは私の中の大浄化。 必要なのは、外からのケアだけではなく内からのケア。 これ…

肌荒れの原因

前回の続きです。 肌荒れから学ぶこと - nakatakaori’s blog 肌荒れに一番効果があったもの - nakatakaori’s blog 以前にこんな事を書きました。 身体が教える心の状態 - nakatakaori’s blog 身体に現れる症状というのは、 自分の内側が現れたものです。 足…

肌荒れに一番効果があったもの

こちらの続きです。 肌荒れから学ぶこと - nakatakaori’s blog 人生で一番酷い肌荒れに悩まされ、 色んなスキンケアを試みたものの、 何をしても効果がなく、 結局抗う事を辞めました。 外的に何かをしたって意味がない事、 病院で強制的に治癒しても意味が…

肌荒れから学ぶこと

ここ数ヶ月、 爆発的な肌荒れに悩まされていました。 顔全体に大玉級のニキビが大量発生。 おでこ、頬、アゴ、首、 出来るところは全部網羅していました。 (だけど背中には出来ていない、というのがまた深いのですが) 多分、思春期の頃から見ても、 これま…

愛のカタチ

愛には色んなカタチがあってね 与えるばかりが愛ではなく 突き放すことも愛なのよね 一側面では「突き放す」 だけど 別の一側面では「見守る」でもある それが一番難しく 一番心が締め付けられる その愛は届くのか 傷つかないだろうか そんな一瞬のエゴも過…

愛する

愛するって 素敵ですね 何がどうという訳でもなく ただ貴方である事そのもの ただ貴方を愛するってね そして 何がどうという訳でもなく ただ私である事そのもの ただ私を愛するってね なんて素敵なんでしょうね

猫の生き方

猫はいるかな? このハチワレにゃんこは、 木枯らし一号が吹き抜けるこんなオープンな場所で、 まったりと日向ぼっこをしていました。 同じく日向ぼっこをしているにゃんこ。 どこにいるかわかりますか? この黒猫ちゃんも、 木枯らし一号が吹き抜けるオープ…

感情は魂からのメッセージ

何かに対して苛立ったり 腹を立てたり 反発したくなったり 自分の正当性を主張したくなったり 悲しくなったり 苦しくなったり 辛くなったりするのは 魂が自分自身の意識(現在意識、思考)に対して かんじている事を表している という事 その感情の分 魂は叫…

ストーンヒーリング

チャクラ対応パワーストーンたち。 ぷりぷり可愛いくてずっと触っていたくなります。 私が通っているヒーリングスクールの、 エンジェルクリスタル講座の際に、 「私の元に行きたい」 とのエネルギーを送ってくれたお石さん達なのだそうです。 私のために顕…

失うということ

失うということは 心に大きなダメージを与える そのダメージは 自分が認識しているよりも深く 修復にも予想以上の時薬が必要となる だけど 何故か急速に癒しを施そうと熱心になるため 修復が出来たと実感するのがとても早い とても早いのだけれど まだ 未完…

思い切り迷い 惑え

正しさなど求めなくて良い 素晴らしさなど求めなくて良い 即答など出来なくて良い 揺らいで良い 迷って良い 戸惑って良い 腹立てて良い 悲しんで良い 苦しんで良い 無力になって良い 突然奮い立っても良い 落ち込んでも良い 泣き崩れても良い 悲しんで良い …

使命 役割 人生の目的

今世、何故地球に生まれて来たのだろう。 帰りたいな。 なんて思う事の多かったこれまでの人生。 ここに来て、 自分の使命、役割、人生の目的が少しずつ明らかになってきました。 その明らかになる過程を例えるなら、 答えが「安納芋」だったとして、 食べら…

受け取る事も役割

女性は受け取る事がとても苦手 何せ、これまでは男性性の社会だったし 男性に尽くす事が当然とばかりに 女性性を押し殺して生きてきたから 今頃「受け取りなさい」と言われても 戸惑うばかり だけど 受け取らなきゃダメね そうしないと世界が回らなくなっち…

究極の手放し

持てるもの全てを 手放して 手放して 手放して 手放し尽くした先にあるもの それは 執着の解放 これだけは手放したくないと 頑として手放しを拒み続けていたソレを 手放さざるを得ない精神状況に追いやられる それは無意識のうちに働くため まさかソレを手放…

根強い意識

若干、偏見のような内容になりますが、 女性の場合、本質の意識に到達するまでに、 相当な時間を要するようにかんじます。 頭ではわかっているのに、 無意識下で全力で逃げようとしているのです。 行動と無意識が一致せず、 まるでハムスターが回し車の中で…

癒しと寂しさと気付き

荒ぶる姫君。 先週一週間、友人のワンちゃんを預かっていました。 彼女はとっても賢く、人懐こい甘えん坊。 いつも私にピッタリとくっついて眠っており、 他の家族がいても私の姿が見えなくなると、 クゥクゥと悲しげな声を出して後追いをする程でした。 友…